ページトップへ戻る
中古住宅流通

中古住宅流通を支える制度

中古住宅は、構造や設備の大きな不具合がないか、耐震性はあるのか、といった不安がありますが、新築と比べて価格が安い、実際の家を見て選べる、リフォームで自分の好みにあった仕様にできる、などのメリットもあります。中古住宅の不安を解消するための制度を活用して、自分の生活に適した中古住宅を探してみましょう。

安心R住宅(国土交通省)

耐震性があり、インスペクション(建物状況調査等)が行われた住宅であって、リフォーム等について情報提供が行われる既存住宅をいい、①耐震性等の基礎的な品質を備えている、②リフォームを実施済み又はリフォーム提案が付いている、③点検記録等の保管状況について情報提供が行われる、といった要件を満たした住宅が認定されます。これにより、「不安」「汚い」「わからない」といった従来のいわゆる「中古住宅」のマイナスイメージを払拭し、「住みたい」「買いたい」既存住宅を選択できるようにするものです。

安心R住宅
サイトを見る

インスペクション(国土交通省)

建築の基礎、外壁等に生じているひび割れ、雨漏り等の劣化・不具合事象の調査をすることをインスペクション(建物状況調査)といいます。住宅の状況をきちんと把握することは、中古住宅の売買の際に重要です。ぜひ実施を検討しましょう。

サイトを見る

既存住宅売買瑕疵保険(国土交通省)

中古住宅の検査と保証がセットになった保険制度です。中古住宅の購入後に見つかった欠陥に対しての保証や、物件取引の際の紛争処理、減税の要件となる証明書の獲得など、売主や買主に対してのメリットがあります。

サイトを見る

住宅履歴情報(国土交通省)

住宅がどのようなつくりで、どのような性能があるか、また、建築後にどのような点検、修繕、リフォームが実施されたか等の記録を保存、蓄積したものが住宅履歴情報です。 さらなる維持管理や売買の際に活用できます。

サイトを見る

大阪版・空家バンク(大阪の住まい活性化フォーラム)

大阪版・空家バンクは民間団体や事業者等からなる『大阪の住まい活性化フォーラム』が設置する空家バンクで、府内市町村等が設置する空家バンク情報とともに、大阪の住まいやまちの魅力を発信しています。 大阪で空家を所有し管理・活用に悩む方々、大阪に移住・定住をご検討の方々、大阪の空家を使って新たなチャレンジをしたい方々など、『大阪の住まい活性化フォーラム』メンバーが持つ民間ならではのネットワークで支援しますのでご活用ください。

大阪版・空家バンク
サイトを見る