ページトップへ戻る
中古住宅流通

既存(中古)住宅流通を支える制度

既存住宅は、構造や設備の大きな不具合がないか、耐震性はあるのか、といった不安がありますが、新築と比べて価格が安い、実際の家を見て選べる、リフォームで自分の好みにあった仕様にできる、などのメリットもあります。既存住宅の不安を解消するための制度を活用して、自分の生活に適した既存住宅を探してみましょう。

安心R住宅(国土交通省)

「不安」「汚い」「わからない」といった従来のいわゆる「既存住宅」のマイナスイメージを払拭し、「住みたい」「買いたい」既存住宅を選択するために創設された制度です。
耐震性があり、インスペクション(建物状況調査)が行われた住宅であって、リフォーム等について情報提供が行われる等の一定の条件を満たした既存住宅です。

「安心R住宅」とは?

  • ①耐震性等の基礎的な品質があり「安心」
  • ②リフォーム工事の実施、またはリフォームプランが付いていて
    「きれい」
  • ③住宅履歴情報などの情報が開示されていて「わかりやすい」

「安心R住宅」ってどうやって探すの?

安心R住宅は、国に登録された特定既存住宅情報提供事業者団体に所属する会員の不動産業者等が付けられるマークです。
不動産情報サイトや広告のほか、安心R住宅に取り組む団体を調べて、会員の不動産業者に相談しましょう。

さらに詳しく知る

インスペクション(建物状況調査)(国土交通省)

建築の専門家が住宅の劣化状態や不具合を調査する「住まいの健康診断」です。住宅の状態を把握することは、住まいのお手入れや既存住宅の売買の際に役立ちます。
「建物状況調査」は、一般にインスペクションと呼ばれる検査の一種で、国が定める講習を修了した建築士が、既存住宅状況調査方法基準に基づき行う調査のことです。

調査基準や建築士の検索はこちらから

インスペクションのメリット

住まいのお手入れの参考に......

  • ・リフォームや今後のメンテナンスの計画に役立つ

住まいを売却するとき......

  • ・住宅の状態がわかり、安心して購入できる
  • ・どれくらい修理が必要かわかるから、資金計画を立てやすい

既存住宅を購入するとき......

  • ・売却後のクレームを回避できるので、トラブル防止になる
  • ・買主に安心感を与えるので、早期の売却に繋がる場合がある

既存住宅売買瑕疵かし保険(国土交通省)

既存住宅の売買後、住宅の構造上の不具合や雨漏り等があった場合に補修費用等が保証される保険です。安心した売買やトラブル防止に役立てられます。
保証を付けられるタイミングは、売買の引渡し前までです。その他の条件や加入方法については、仲介業者または調査実施者にご相談ください。
また、建物状況調査とセットで保険加入検査ができる場合があります。(条件がありますので、建物状況調査実施者へお問い合わせください。)

住宅履歴情報(国土交通省)

既存住宅をリフォーム、インスペクション、売却、住宅以外への転用等活用するためには、これまでの維持管理記録を見える化した住宅履歴情報「いえかるて」が必須です。
住宅は定期点検や、適切な時期の補修、必要な時期のリフォームをする等の維持管理が必要で、その維持管理の過程で作られる記録が住宅履歴情報「いえかるて」であり、インスペクション結果や瑕疵かし保険関係書類も大切な住宅履歴情報の一つです。
これらの「いえかるて」は、維持管理に役立つだけでなく、住まいへの愛着や快適な住まいづくりに役に立ち、将来の売却や住み継ぎの安心材料として喜ばれます。

住宅履歴情報のメリット

  • ①計画的なメンテナンスに役立ち、効果的な維持管理ができる
  • ②突発的なトラブルや災害時も補修や復旧が素早くおこなえる
  • ③合理的なリフォームができる
  • ④住宅の維持管理(履歴)が証明されるので、買主の安心につながり売買時に有利

ご自身で保管する他に「住宅履歴情報サービス機関」を利用することもできます。

さらに詳しく知る

大阪版・空家バンク(大阪の住まい活性化フォーラム)

大阪版・空家バンクは民間団体や事業者等からなる『大阪の住まい活性化フォーラム』が設置する空家バンクで、府内市町村等が設置する空家バンク情報とともに、大阪の住まいやまちの魅力を発信しています。 大阪で空家を所有し管理・活用に悩む方々、大阪に移住・定住をご検討の方々、大阪の空家を使って新たなチャレンジをしたい方々など、『大阪の住まい活性化フォーラム』メンバーが持つ民間ならではのネットワークで支援しますのでご活用ください。

サイトを見る