ページトップへ戻る
大阪の住まい活性化フォーラムとは

設立趣旨

大阪府では、平成20年現在、約60万戸の空き家が生じています。今後、人口・世帯が減少し、空き家が増加すると、大阪の活力や地域の安全性・防災性のさらなる低下が懸念されます。

これに対応するためには、中古住宅が適時・適切に維持管理やリフォームがなされ、市場において適切に評価され、円滑に流通することが重要です。
また、団塊ジュニア世代やその次の世代が、これからライフスタイルや所得に合わせて、住まいを購入または借りようとする際、中古住宅が新築住宅に負けない魅力的な住まいと感じることができるようにするなど、中古住宅の質やイメージを向上させ、府民が安心して住める市場環境を整備することが必要です。

よってここに、中古住宅流通やリフォーム・リノベーションに関わる民間団体・事業者、公的団体によりフォーラムを立上げ、中古住宅の魅力化や市場の環境整備など、中古住宅流通・リフォーム市場の活性化を図り、府民の住生活の向上と、大阪の地域力や安全性の向上につながる取組みを進めていくため、「大阪の住まい活性化フォーラム」を設立するものです。

平成24年12月6日

フォーラムの目的と事業内容

フォーラムの目的

本フォーラムは、中古住宅の質やイメージの向上、府民が安心して住める市場の環境整備の観点から、中古住宅流通・リフォーム市場の活性化を図り、もって府民の住生活の向上と大阪の地域力や安全性の向上に資することを目的とする。

事業内容

左記の目的を達成するため、以下の事業を行う。

  • 中古住宅流通・リフォーム市場の活性化のための府民や事業者等への情報提供に関すること
  • 中古住宅流通・リフォーム市場の環境整備に関すること
  • 中古住宅流通・リフォーム市場活性化方策の調査、研究及び提言に関すること
  • その他、本フォーラムの目的を達成するために必要な活動に関すること

会 員

正会員(平成31年1月10日現在 16団体)

大阪府住宅リフォームマイスター制度推進協議会/一般社団法人 リノベーション協議会/一般財団法人 大阪建築防災センター/一般財団法人 大阪住宅センター/公益社団法人 大阪府建築士会/ 一般社団法人 大阪府建築士事務所協会/公益社団法人 日本建築家協会近畿支部 大阪地域会/一般社団法人 不動産協会関西支部/一般社団法人 関西住宅産業協会/一般社団法人 大阪府宅地建物取引業協会/公益社団法人 全日本不動産協会大阪府本部/独立行政法人 住宅金融支援機構近畿支店/一般社団法人 住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会/一般社団法人 全国空き家相談士協会関西支部/大阪住宅供給公社/大阪府(事務局)

特別会員

平成30年10月31日現在 44団体

賛助会員

平成30年10月31日現在 67企業・団体

賛助会員からのメッセージはこちら[PDF]

入会案内

大阪の住まい活性化フォーラム

当フォーラム賛助会員になるには、上記のフォーラムの規約・規則に規定するフォーラムの目的・趣旨に賛同いただき、以下の入会要件等をご確認のうえ、入会書類一式を事務局までご郵送願います。

事務局
大阪府 住宅まちづくり部 都市居住課内
大阪の住まい活性化フォーラム事務局あて

〒559-8555
大阪市住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎27階
電話番号 06-6941-0351(内線3036)
メールでの問い合わせは「問い合わせ先」

要 件
  • 本フォーラムの目的に賛同し、本フォーラムの事業を積極的に賛助すること
  • 所定の法令・要綱等に違反等していないこと
  • 暴力団と関係がないこと
入会書類
  • 入会申込書
  • 誓約書
  • 履歴事項全部証明書(発行日から3ヶ月以内の原本)
  • 団体の定款、規約又は寄付行為
  • パンフレット等
会 費
  • 年会費は、1口5千円、1口以上